RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -
微動装置
 テノンジグの失敗からの気分転換を兼ねて作り始めたモノ、何とか完成。
BT3100のリップフェンス微動装置。使ったネジがM6なのでダイヤル1回転でリップフェンスが1mm移動する。今回はちゃんと目盛りもつけた。と言ってもCADで作図してプリントアウトしたものを両面テープで貼り付けただけの代物だが、ないよりはマシだろう。ダイヤルの回転が少し重いのが気になるが、まぁ使えない程ではない。もう少し大きな径にすればよかったのだが、スペースの関係もありこれ(φ20)が限界。
リップフェンス本体への連結-取り外しを工具なしでできるようにしたかったのだが、うまい方法が思いつかず、結局レンチを使用する方法となってしまったのが悔やまれる所。
それと、こいつが付いたおかげで以前作ったインクリのスケールが使えなくなってしまった。これについてもまた後日考えなければ。
author:和樽, category:BT3100, 23:26
comments(4), trackbacks(0)
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 23:26
-, -
Comment
やはり、リップフェンス微動装置でしたか〜(^^;
和樽さんが作ると純正品よりカッコイイですね!
こういうのを見ると旋盤が欲しくなってしまいます!でも、じっと我慢です(^^;
次は、テノンジグですか?
σ(^^;)は、激安だったので、Rocklerのヘビーデューティーを購入してしまいましたが、重量があるので、送料が高くてちょっと後悔しています(^^;
購入してから2年くらい経ちますが、やっと先週末に使ってみました。ブログで紹介しようかなぁ〜(^^;
monaco, 2006/12/04 11:57 PM
monacoさん、こんばんは。
テノンジグ、苦戦してます。材の固定方法でよくわからない所があるのです。
材の長手方向を切削する場合は単純にクランプで押さえればいいのでしょうけど、その直角方向を切削する場合って固定しにくくないですか?特に材が薄い場合ってどうやって固定するのでしょうか。
そちらで紹介してもらえると嬉しいなぁ。なんてわがまま言ってすみません。
角樽, 2006/12/05 12:31 AM
こんばんは!
確かに薄い場合は、固定しにくいです。
テストに使用したパイン材は、19mmですが、これが限界の薄さかもしれません?
もっと薄い材の場合は、パイン端材を外して側面のガイドにクランプで固定するか、パイン端材に角材を取り付けて、それにクランプで固定すればできそうですが、たぶんバンドソーでカットすることになると思います(^^;
monaco, 2006/12/06 2:57 AM
monacoさん、ありがとうございます。
やっぱりそうでしたか。言われるように薄い材の場合は厚み方向はテノンジグで、直角方向はバンドソーでというのが現実的かもしれませんね。そう割り切ればすこし方向性が見えてくるかな。
ありがとうございました。
角樽, 2006/12/06 10:36 PM









Trackback
url: http://oremon.jugem.jp/trackback/76