RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -
スローアウェイチップ
 旋盤購入時と同時に購入したロウ付けのバイトが満足に切れない。うまく研げればいいのだろうが超小型のグラインダーしかもっていない上に、どうも私には刃物を研ぐ才能が欠けているらしく、いくら研いでも切れ味が回復しないのだ。切れない刃物ほどストレスの元になるものはない。これではいかん、とヤフオクでスローアウェイの三角チップとホルダーを購入した。まずは試し切りと、写真のような部品を製作した。材料はφ15の快削鋼と真鍮。

いやー、もっと早く買えばよかった。本来の旋盤加工ってこうなんだろうなぁと思える。今までアルミ材はともかく鉄系の加工はどうも躊躇するものがあった。もともとパワーのない旋盤なので切り込み量はそう多くはできないが、時間さえかければきれいに削れてくれる。三角チップ1個で6面の刃があるので当面これでいけるだろう。
ちなみに作った部品は以前改良した角ノミスタンドに使う予定。
author:和樽, category:モノ作り, 22:40
comments(0), trackbacks(1)
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 22:40
-, -
Comment









Trackback
url: http://oremon.jugem.jp/trackback/64
旋盤の種類
旋盤の種類・普通旋盤 (Engine lathe) もっとも標準的な旋盤。 ・卓上旋盤 (Bench lathe) 小型の旋盤であり、作業台などの上に据え付けて使用される。 「ベンチレース」とも呼ばれる。 ・正面旋盤 (Face lathe) 比較的大型の主軸が作業者の正面を向いた旋盤。 ・
CAD(キャド)/CAM/NC/旋盤機械情報, 2006/11/08 7:02 PM