RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -
安直スロートプレート
 BT3100のスロートプレートについては、ユーザーの皆さん工夫されて自作されている方が多い。材料もアクリル板から黒檀まで色々。私も過去に何度か自作に挑戦したが、どういうわけかうまくいかず未だに標準のままとなっている。
標準のスロートプレートはべベルカット(ブレードを傾けての斜め切り)にも対応できるよう、ブレードとの隙間が大きく開いているため、この隙間から粉塵がテーブル上に吹き出したり、切断された部材が落ち込んで集塵ポートを塞いでしまったりと問題が多い。何とかしなきゃ、と結局思いっきり安易な方法を採用することにした。

 4mm厚さのアクリル板を標準のスロートプレートの裏側にネジ留め(M4×2本)して本体に取り付け。スイッチを入れてブレードをソロソロと上げていく。これでゼロクリアランスのスロートプレートが完成。何とも安直。お恥ずかしい。ちなみに私は現在φ190の国産ブレードを付けているのでこの方法が使えるが、10”のブレードでは別の工夫が必要なはずなので、念のため。
author:和樽, category:BT3100, 21:59
comments(2), trackbacks(0)
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 21:59
-, -
Comment
いい方法を見つけましたね、さすが!
純正品を使えばいろいろ都合のよいところもあると思います。
アクリルとプレートに段差が生じると思うんですがいかがされました?
それと横切り増量法早速パクらせて貰いました、HPには上げてませんけどお礼とご報告でした。
O・Kcraft, 2006/11/04 6:04 PM
あはは、表側の段差はそのまま。とりあえず隙間が塞げれば良しとしました。
横切り増量、参考になれば何よりです。
後はリップフェンスにフェザーボードを取り付ければとりあえずBTの改造は打ち止め、の予定だったのですが、テノンジグも欲しいなぁなんて思い始めました。キリがない・・・
角樽, 2006/11/04 10:13 PM









Trackback
url: http://oremon.jugem.jp/trackback/63