RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -
鍋敷き
先日作った鍋敷きだが、実は大失敗が一つ。旋盤での加工が終わってサンディング後、全く何も考えずに余っていたシュラックを塗ったのだが、これが大失敗。熱い鍋を乗せるとシュラックの皮膜が溶けるのか、ぴったりと鍋に張り付いてしまう。冷めてから引きはがせば取れるのだが、これでは鍋敷きとしては使えない。
 結局もう一度旋盤に取付けて上面のみ一皮削り、チークオイルを塗り直した。オイルだと鍋に張り付くことはないようだ。幸い色合いもほぼ同じなので見た目には境目はわからない。
 考えてみればシュラックって天然の樹脂みたいな成分なのだろうから熱に強くはないのは当然かもしれない。気がつかなかった私が間抜けだったとしか言いようがない。
新年早々これじゃぁ、先が思いやられる。
author:和樽, category:モノ作り, 01:39
comments(0), trackbacks(0)
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 01:39
-, -
Comment









Trackback
url: http://oremon.jugem.jp/trackback/123