RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -
ナンチャッテ三方留め
 本当の三方留め接ぎというのは非常に高度な技で、とても私の手に負えるものではない。
私にできるのは一見三方留め風に見える「三方留めモドキ」、もしくは「ナンチャッテ三方留め」。いかにもインチキ臭い(笑)ので、マネしようという人はいないと思うけれど、一応作り方を紹介することにする。
 使うのは一つの角につき4本の角材。工具はテーブルソーのみ。
1)まずは角材の端を45度に落として接着。つまり通常の留め加工したものを2つ作る。この時45度がずれていると仕上がりに大きく影響するのでテーブルソーの角度調整は慎重に。

2)上で留め加工したものの一方の材の長手方向に45度の角度で切り落とす。この時接着だけでは結合強度が不安なので写真のように木ネジで補強した方が良いと思う。切断中に接着が外れて材が飛んできたりしたら非常に危険。

3)この斜めに切り落とした面に接着剤を塗り接着する。接合面に隙間ができないよう(特に表側)、クランプでしっかり締め付けておく。

4)接着が完了したら木ネジの孔にプラグをして目違いを直し、面取りをして完成。面取りを少し大きめに取ると、意外と接合部は目立たなくなうようだ。

私はテーブルソーを使ったが、慎重にやればバンドソーと手押しカンナを使っても同様の加工は可能かも知れない。
author:和樽, category:モノ作り, 01:19
comments(9), trackbacks(0)
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 01:19
-, -
Comment
こんな手法だとは思いませんでした。
本当にびっくりしました,前の画像をジーーーと見てみましたが穴埋めの後が解りません。
なんちゃって三方止め,お見事です。
私は何とか鉄を削ってますが実用のジグまでは道が遠い。
旋盤の標準チャックは何故20mmの棒が通せないんですかね?
スピンドルボアが20mmあるのに・・。
O・K craft, 2007/04/23 5:01 PM
えへへ、そういう感想をいただくとニンマリとしてしまいます。

金工の世界もやはり慣れが必要ですよね。色々削ってるうちにカンが掴めてくるのではないでしょうか。三爪のチャックだとφ20は無理ですねー。四つ爪だと可能ですが、芯だしが面倒です。
和樽, 2007/04/24 12:22 AM
和樽さんこんにちは。初めてお便りします。とはいっても、半年以上前から何度もHPにお邪魔して覗き見させて頂いていました。
お暇なときに教えていただきたいのですが、「簡単
トースカン」に使われているアルミの柱、押し出し材だと思うのですが、どこで入手できるのでしょうか?宜しければ教えていただけると助かります。他の方もよく使われているのですが、ネット検索してもそれらしいHPにヒットしません。
記事に対するコメントでなくてごめんなさい。
久保岡, 2007/04/26 1:44 PM
なるほど・・・・やっぱり和樽さんですね。
テーブルソーの精度が必要になるのですが、切り口の綺麗なこと・・・私が使っているコンパクトは
直線でもきたないので手押しカンナをかけています。
テーブルソーのいいものが欲しくなります。
yama, 2007/04/26 10:34 PM
久保岡さん、はじめまして。
HP見ていただいてありがとうございます。もう一年以上も手を入れていないので、そろそろ何とかしなければとは思っているのですが・・・
アルミの押し出し材ですが、実は職場の不用品置き場からもらってきたものなので、買ったのではありません。購入は例えば「ミスミ」で可能ですが、事業者でなければいけませんので個人では無理なようです。「オリジナルマインド」でもたまに出ますがすぐに売り切れてしまうようで・・・
お役に立てなくて申し訳ありません。

yamaさん、こんばんは。
テーブルソーの切り口はブレードで随分変わるようです。BTの標準だとあまりきれいではないので国産の小さなブレードに換装しました。ただ、あまり薄いブレードだとベベルカットの角度が微妙にずれるようで,何度かに分けて切削する必要があるようです。痛し痒しですね。
yamaさんはテーブルソーの使用頻度も高いようですから、いっそいいものを買われたら?
なんて無責任なこと言ってスミマセン(笑)。
和樽, 2007/04/28 1:48 AM
こんばんは。TVで朝まで生TV(退屈で眠い…)を見ながらの書き込みで(^^;失礼致します。
三方留めモドキ、流石に、と言うか和樽さんなら当然でしょう、という感じでキメてらっしゃる事に、ビックリして拝見してました。切削に際してですが、捨て板と共にフェンスに添えて?か、ほぞ切りジグのようなもので?、と想像しているのですが、…いずれにしろ(でなくても)怖い作業です。

以下、差し出がましいのは承知で書き込みさせて頂きます。

久保岡さん、はじめまして。押出し材はホームセンターにオレンジ・ブックというカタログが置いてあれば、それに載っています。そこから探して発注すれば入手可能なハズです。価格的にも思ったよりも高くなかったような気がします(己は買ってないのですけど…)。

yamaさん、はじめまして。ひょっとしてトリ○ンのでしょうか?…私もコンパクトを2年少し前まで使ってましたので、書き込みの内容に共感してしまいました。丸鋸の位置調整やフェンス調整には閉口してましたが、一番楽しかったのはその頃です。盤面(奥行)が広いので、工夫の足りない私には、まんまの状態でも使いやすかったかな、と。現在はBT3Kですが、その購入前はスライド丸鋸とどちらにしようか随分と悩んだ憶えがあります。何かお作りになって、御家族からの何らかの評価があって…それって最高です。

------以上、ダラダラと申し訳有りませんm(._.)m
KEN_BOH, 2007/04/28 2:51 AM
KEN_BOHさん、こんばんは。
三方留めモドキ、確かに説明用のサンプルを作るときはL字型の状態での切削でしたので、危険を感じました。ただ、キャビネットを作る時は部材を四角に組んでからですので、通常の板材のベベルカットと同じで特に危ないとは思いませんでした。もしかすると危険に対する感度が鈍っているのかもしれませんね。ご忠告ありがとうございます。

差し出がましいなんてとんでもありません。
この場が皆さんの交流にお役に立てば何よりです。どうぞご遠慮なく。
和樽, 2007/04/28 10:23 PM
KEN_BOHさんのお察しの通りトリト○です。やっと丸鋸の位置調整が出来てストレス無しにカットできるかと思いきや、切り口がボソボソ状態で、ブレードの交換ととぎに出そうかと思っていますが、また丸鋸の位置調整でアタフタを思うと躊躇しちゃいますが、マスターしなきゃきけないですよね。
頑張ります。
その後もストレスが溜まるようでしたら、購入考えようかな?
yama, 2007/04/29 1:53 AM
和樽さん、KEN_BOHさん、ありがとうござい
ました。「オレンジブック」探してみます。
なにぶん木工趣味突入準備中という「素人予備軍」
レベルですので、今後とも皆さんにご教授願うばかりかと思います。
よろしくご教授願います。
久保岡, 2007/05/01 4:49 PM









Trackback
url: http://oremon.jugem.jp/trackback/119